トップページ > 世界観 > キャラクター

ACE COMBAT X2 JOINT ASSAULT

キャラクター

ストーリーキャラクター登場機体ステージ紹介BGMの試聴

民間軍事会社 「マーティネズ・セキュリティー社」

民間軍事会社 「マーティネズ・セキュリティー社」
コードネーム ”アンタレス”

本ゲームの主人公であり、プレイヤーである、あなた自身。
空軍での優秀な成績により、マーティネズ・セキュリティー社にヘッドハントされる。
同社のM42飛行中隊・第2飛行隊、通称「アンタレス隊」に所属する。

フレドリック・バーフォード

民間軍事会社「マーティネズ・セキュリティー社」の「M42飛行中隊」の作戦司令官。かつては空軍で腕を振るうも、出世による地上勤務の増加に不満を抱いて除隊し、以後はマーティネズ社でエース部隊の指揮にあたる。幾多のエースを育ててきており、未だに空軍から復帰を求められるなど周囲からの人望も厚い。

アンタレス隊を支える「4人のオペレーター」

プレイヤーである、あなたが隊長を務めるマーティネズ・セキュリティー社のM42飛行中隊・第2飛行隊、通称「アンタレス隊」専属のオペレーター。
プレイ開始時に4人から1人を選ぶことに。ソロプレイ時はもちろん、マルチプレイにおいても、あなたのミッション攻略をフルボイスでサポートしてくれる。

マイケル・アリーナ

マイケル・アリーナ
(26歳/CV:黒田 弦李)
"アンタレス"への航空管制や作戦伝達を担当するオペレーター。
兵士のような筋肉質の体躯で、豪快なオペレートをする。

グレアム・ハートリー

グレアム・ハートリー
(25歳/CV:小野塚 貴志)
"アンタレス"への航空管制や作戦伝達を担当するオペレーター。
真面目な性格で、正確なオペレートを信条とする。

サラ・アンデション

サラ・アンデション
(27歳/CV:世戸 さおり)
"アンタレス"への航空管制や作戦伝達を担当するオペレーター。
柔らかい物腰で、丁寧なオペレートに定評がある。

羽沢 京香

羽沢 京香
(25歳/CV:平田 絵里子)
"アンタレス"への航空管制や作戦伝達を担当するオペレーター。
どんな状況でも冷静かつ的確なオペレートを行う。

武装組織 「ヴァラヒア」 保険会社 「オリビエリ・ライフ・インシュアランス社」
ニコラエ・ドゥミトレスク アンドレ・オリビエリ

47歳/CV:河野 匡泰
東京を襲撃し、世界を震撼させた武装組織「ヴァラヒア」の首領。旧東欧共産主義国家の秘密警察に所属していたが、革命に際して国を追われ、家族をも奪われる。中東や中央アジアで軍事コンサルタントをしながら同志を集め、亡国の恨みを晴らすべく「ヴァラヒア」を組織する。

武装組織 「ヴァラヒア」

63歳/CV:上原 健太
世界的な保険会社「オリビエリ・ライフ・インシュアランス社」のCEO(最高経営責任者)。移民として貧しい家庭に育つも、努力により一代で世界的な大企業を築き上げる。金融危機以後は業績が悪化していたが、ヴァラヒアの東京侵攻により、戦災保険が急拡大し、巨額の利益を得る。

保険会社 「オリビエリ・ライフ・インシュアランス社」
武装組織ヴァラヒアのライバル部隊“ヴィルコラク遊撃隊”
「ヴィルコラク」とはルーマニア地方での人狼の呼び名を意味する。彼らの搭乗機体は、鋭い牙と闇夜の藍に染められ、
世界の空を、次々と血塗られた戦場へと変えて行く。
ミロシュ・スレイマニ
ミロシュ・スレイマニ

37歳/CV:上山竜司
マーティネズ社M42飛行中隊・第1飛行隊、通称「ライジェル隊」の隊長だったが、とある出来事を経て、敵対する武装組織「ヴァラヒア」へ部下達を引き連れ寝返ってしまう。彼らは「ヴィルコラク遊撃隊」を名乗り、かつての同僚であった主人公率いる「アンタレス隊」のライバル部隊として対峙することになる。

MIG-1.44

MIG-1.44

アンドレ・オリビエリ A-10A サンダーボルトⅡ

A-10A サンダーボルトⅡ

MiG-31 フォックスハウンド

MiG-31 フォックスハウンド

アンドレ・オリビエリ Su-37 ターミネーター

Su-37 ターミネーター

ダニエル・オルマ(33歳/CV:川原 慶久)
元「ライジェル隊」2番機のパイロット。飄々とした性格で、対地攻撃のスペシャリスト。


ファリド・ガビリア(32歳/CV:近藤 浩徳)
元「ライジェル隊」3番機のパイロット。単純かつ奔放な性格で、高速戦闘のスペシャリスト。


トーリャ・キリアコフ(27歳/CV:藤原 祐規)
元「ライジェル隊」4番機のパイロット。自分の実力に絶対的な自信を持つ、格闘戦のスペシャリスト。